· 

TOKYO2020パラリンピック

東京2020パラリンピックの閉会式が9月5日に行われましたが、前回のリオパラリンピックの2倍以上のメダルを獲得して嬉しいキグにゃんです

 

 

東京2020パラリンピックの12日間が終え、金メダル13個、銀メダル15個、銅メダル23個、合計51個のメダルを獲得されましたね♪

選手の皆さんお疲れ様でした この大会の中で、私が注目していた選手の一人が、日本選手団の主将でもある「テニス」の「国枝慎吾選手」

 

前回のリオパラリンピックでは、怪我の影響もありベスト8でしたが、今大会は「金メダル」を獲得 「金メダル」を「てに・す・る」ことができました

 

おめでとうございます

 

「国枝慎吾選手」と言えば、2007年に日本の記者がテニス界のスーパースター「ロジャー・フェデラー選手」に「なぜ日本のテニス界から世界的な選手が出ないのか?」という質問に対し、 「フェデラー選手」は「何を言ってるんだい、日本には国枝がいるじゃないか」と言うことがあったそうです

 

当時から世界トッププレーヤーだった「国枝慎吾選手」 怪我を乗り越えて金メダル獲得!すごいですね 日本などですでに有名な「国枝慎吾選手」ですが、今回の東京2020パラリンピックで、またさらに有名になったでしょうね

 

 

どこまで有名になるのかな

 

アジアやヨーロッパあたりかな?

 

いやいや、

きっと世界中の「国えだ」