· 

病院のお話

最近息子がガソリンスタンドを見つけると

「エネオシュ」「イデミチュ」「キーナシュ」と叫び

どんどん覚えて嬉しさを覚えるのですが

 

コスモだけは「コスモス」と言って薬局の名前と間違えて

覚えていることにいつも大笑いして心も満タンにされている

キグにゃんです

 

赤穂市さつき町に新しい病院が開院されますね

 

10月1日開院の「おばた内科・糖尿病クリニック」さんは

糖尿病・高血圧・高脂血症をはじめとする生活習慣病や一般内科全般の診察をしていただけるようです

 

コロナウイルスもなかなか落ち着かない中

これからインフルエンザがはやってくるでしょうし

新たに病院が開院されることは本当に嬉しいと同時に安心ですね

 

子供もまだ小さいので、体調を崩したらすぐに病院に

行かなければならないのですが、小さな子供の場合は

「内科」ではなく「小児科」になるようですね

 

小さな子供でも「内科」で見てもらえないのか以前聞いたことが

あるのですが、身体の大きさによって薬の量など全然違うようで「内科」ではなく専門の「小児科」のほうがいいよとのことでした

 

私の家は2歳の息子と0歳の娘なので、体調を崩したらまずは

「小児科」に行かなければなりませんね

 

でもそこで一つの疑問が…

 

何歳あたりから「小児科」から「内科」にかえればよいのでしょうか?

 

私の予想ですが多分…「小2・か・な」

 そんなこと「ナイカ」